キラキラを追い求めて

30代元K-POPオタがジャニーズに片足突っ込んでたらJO1の王子沼に頭まで浸かってしまったブログ

元チャンミンペンだった私が白岩瑠姫くんに落ちた話

日プが終わって約3週間。この方に対しての熱が冷めません。


f:id:demekinsensei:20191230124801p:imagef:id:demekinsensei:20191230191938p:image

みんなの王子 白岩瑠姫くん♡

 

日プについての自分の初回記事読むと、

 

「推しがデビューしても追わないかも(ドヤ」って書いてるけど、(え?

 

今めちゃめちゃ追う気満々で、(おいおい

 

おばちゃんだから茶の間で済まそうと思ってたけど、(どっちよ?

 

やっぱり現場行きたいなって思うし、(おいおいおいおい

 

サボってた筋トレとストレッチとボディケア始めました←いつまで続くかな?

 

 

そもそもライブとファンミがないと自分の外見にそんなに気を遣わないタイプだったから、東方神起卒業してから女捨ててた気がする。

これを機にちゃんと女に戻ろうと思う笑(年齢的に戻れるか分からないけど、妖怪からとりあえず人間に戻れるように頑張ろうと思ってるw

 

 

 

前の記事でも書きましたが、彼の印象がぐーんと上がったのはグループ評価の『Why?』を見てからでした。

東方神起の代表曲を知らない方へ。こちらをご覧ください。(途中の蛾みたいな衣装はスルーしてくださいw)↓

 


TVXQ! 동방신기 '왜 (Keep Your Head Down)' MV

 

正直、『Why?』が課題曲の中にあると知った時は「けっ。若造どもにあの曲の良さを出せるわけがない」ってちょっと(いやだいぶ)舐めてみてたんですよね。

 

 

そもそもこの曲はユノとチャンミンのあの分裂当時のいろいろな思いと覚悟があってこそ出来る曲だと思っていたから。

 

 

ちなみに、

東方神起に興味がない方には未だに

「前もうちょっと人数いたよね?」

とか

「なんで2人になったんだっけ?」

とかとか聞かれることもあるので、ふんわり分裂の経緯を書いておきます。

ただしファンそれぞれに見解があるので私の書くことが全て合ってるとは限りません。チャンミン保護したい系オタクの視点です。

 

東方神起が韓国でトップをとる

日本でも売れる

ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が事務所の許可を得ずに5人の写真などを利用しながら化粧品事業を始める

(主に彼らの家族が主導していた)

事務所が怒る

3人の家族もキレる「もういい!事務所辞める!さんざん馬車馬させられたし!」& 2人にもついてくるよう誘う

さらに怒った事務所が「そんな勝手は認めん」と3人の芸能活動を抑えにかかる

3人側は「なんでそんな扱い受けなきゃならんのだ!」とガン切れ

裁判にもつれ込む、そして活動休止

 

って感じでした。

 

 

よく考えてみて。

 

 

うちのチャンミン、なんもしてない泣(のに活動休止)

 

 

本人達の仲も事業あたりから気まずくなっていたとは思うのですが、韓国は本人より親の意見を大事にする文化。3人の親はせっかく息子がスターになったのだからもっと生活を良くしたいという考え、2人の親は育ててもらった事務所に恩があるし目先の利益よりも今は残るべきだという考えがあったのだと思います。

このタイミングじゃなくてもここまで親の意見が違っていたのでは、いつかは分裂しちゃってたかもしれません。

 

 

4人のお兄さん達に懐く犬ころみたいだった可愛い末っ子チャンミンは、無表情でげっそりとして正直いなくなってしまうんじゃないかと思うくらいでした。日本にいて錯綜する情報に惑わされながらそんなチャンミンの姿をみて、私も含め毎日泣き暮らしていたファンは多かったと思います。

 

その後もいろいろいろいろいろいろいろいろ本当にいろいろありましたが、事務所からユノとチャンミン2人でカムバックするとの告知があり、冒頭の『Why?』で復帰して今の彼らがいます。

(分裂騒動→復活のくだりは詳しく書いてるブログがたくさんあるので気になった方はご自身でお探しください…)

 

 

今は2人でも成功していますが、5人で順調に活動していた『東方神起』を、大好きなステージを奪われて2人はどんな気持ちだったでしょうか。

 

家族だと思っていた仲間がいきなり出ていってしまい、一部ファンからもバッシングを受け、どれだけ辛かったでしょうか。

 

事務所の人にも「お前たち2人だけでやれるのか」と聞かれて悔しかったと後のインタビューで語っていました。

 

2人の悔しかった気持ち、やるせない気持ち、これからの覚悟が伝わったからこそ、この曲はヒットしたしこの曲からファンになった人は多かったのだと思います。

 

 

 

ちなみに日本語版の歌詞と韓国版の歌詞はかなり違います。日本語版は『美しい隣人』という不倫込みの復讐ドラマの主題歌に決まっていたのもあってか、男女の恋愛の歌詞にされてしまっています。

日本語版聞いたとき、違う!そうじゃないって思った人おそらく多数笑

 

韓国版の方も事務所や2人は振られた男の歌と答えてますが、歌詞みる限り「いやいやいや、意味含めまくりでしょ」と言いたくなるつくりになってます。

韓国版の歌詞で分かりやすいものがあるので貼っておきます。

http://tvxq-songs.ldblog.jp/archives/51783535.html

 

あと日本語版も。

https://sp.uta-net.com/movie/107878/

 

 

 

だから冒頭で書いたように、日本の社会でヌクヌク暮らしてきた男の子たちがこの曲でパフォーマンスするなんて無理だと思ってたんです。東方神起分裂当時は彼らも幼かっただったろうからKポ好きだとしても背景の出来事は把握できないだろうし。韓国語の歌詞の方を知らなかったら日本語の歌詞そのまま再現しちゃって失恋男ソングになる可能性があるし、もしくは曲調に合わせてカッコつけるだけのパフォーマンスになっちゃうかなと思ってました。

 

 

でも、違いました。

 


PRODUCE 101 JAPAN|東方神起♬Why? (Keep Your Head Down)@#7 グループバトル

 

 

彼らの表情はただ単なる失恋でメンヘラ化している男の歌を歌ってるようには見えない。ごめんね、日本語版歌詞作った人。

 

特にこの子。(白岩瑠姫くん)f:id:demekinsensei:20191230131115p:image

 

パフォーマンス中とても強い目をしていて、調べたら前のグループが活動休止になったり、芸能活動が今までうまくいってなかったということを知りました。

ほかのメンバーも良かったんですが、瑠姫くんは『東方神起の復帰曲を正しく解釈している』印象を受けました。過去の経験からくる想いを曲に乗せていたのかなと思ってます。

一つ前の課題曲で印象が良くなっていた子ではあったのですが、私はこの目に彼の人生の覚悟を感じて、彼への評価を変えました。まだ若いのに目から戦闘力高い系のビーム出せる子あんまりいないからね。そしてそのまま沼に……w

ちな、最初スカしてんなーとか思ってすみませんでしたm(__)m

 

 

 

そして瑠姫くん含めこのチームは本番だけでなく練習過程も良かったんです。


[#7 先行公開] PRODUCE 101 JAPAN|Why? グループの悩み

 

振付を作っている1番若い男の子(今西正彦くん)。

振りがなかなか思い浮かばなくて苦戦してるのですが、当たり前だと思います。彼はまだ18歳。歌詞にあるような身を切られるような裏切りも、どうしようもない悔しさもまだ経験したことがないはず。

 

f:id:demekinsensei:20191230143255p:image
f:id:demekinsensei:20191230142919p:image
f:id:demekinsensei:20191230142915p:image

動画の翌日の様子がこちら

 

「気持ちをかけてほしい」と言ってますが、自分にそういう経験値がない分、人生経験がある歳上のみんなの歌声から振付のイマジネーションをもらおうとしたのでしょう。みんなに頼ることを覚えたヒコは最強。そしてそれだけの作業で振付がひらめく、ヒコは天才。

そしてヒコを心配してサポートする周りのメンバーも最高。

 

 

話は戻って、センター決めの部分。

f:id:demekinsensei:20191230142741p:image
f:id:demekinsensei:20191230142707p:image
f:id:demekinsensei:20191230142718p:image
f:id:demekinsensei:20191230142724p:image
f:id:demekinsensei:20191230142702p:image
f:id:demekinsensei:20191230142800p:image
f:id:demekinsensei:20191230142735p:image
f:id:demekinsensei:20191230142729p:image
f:id:demekinsensei:20191230142812p:image
f:id:demekinsensei:20191230142712p:image
f:id:demekinsensei:20191230142806p:image
f:id:demekinsensei:20191230142656p:image
f:id:demekinsensei:20191230142754p:image
f:id:demekinsensei:20191230142650p:image

 

往々にして揉める原因になりうるパート決めですが、全員が自分の希望を言いつつもチームのことを考えて発言していました。グループとしての正しいあり方を見れた気がします。

結果、それがパフォーマンスに現れていたんだと思います。1位は取れなかったけど、人の心を掴むパフォーマンスでした。

 

 

好きなグループが一度活動休止になった私にとっては、困難の大きさは違えどもチームの課題やつまずきを自分たちで解決しながら成長していった彼らはとても眩しくみえました。

 

実は5人時代の歌ハモりのクオリティ高くてすごーく好きなんですけど、辛くてあんまり聴けてなかったんですよね。

ただ、昔の曲でも2人ver.でやり直したやつは普通に聴けるんです。

3人の声が嫌だとかいうんじゃなくて、分裂騒動の時のチャンミンの顔とその時の自分の気持ちを思い出しちゃって。

 

このチームのパフォーマンスをみた後、何年も聴けなかった5人時代の曲がランダム再生で入ってきてもすんなり聴けるようになって、よく分からないけど何かしらの浄化作用があったんだと思います。それくらいパワーや煌めきがあったステージ。生でみてみたかったな。

 

東方神起が兵役を終えて戻ってきたあと私も運良く結婚でき、応援の熱量も落ち着いていたのもあり、韓国嫌いな旦那のため現場に行くようなオタクは卒業しちゃいました。(あともうチャンミンも保護しなくて大丈夫なので←)

ジャニーズタレントは可愛くて癒されるのでゆるーくみるようになりましたけど、東方神起は推してた期間に辛いことも嬉しいこともありすぎたからチャンミン以上のアイドル、東方神起以上に応援したいと思うグループは今後現れないと思ってました。

 

 

が、

 

 

この曲でセンターに立っていた彼。

f:id:demekinsensei:20191230123428p:image

 

分裂後の東方神起をまた東京ドームに立たせてあげたいと精一杯応援していたあの頃のように、彼を大きな舞台に立たせてあげる応援が0.001mmでも出来たらいいなと思ってます。

 

彼に出会えた2019年に感謝します。

2020年からもどうぞよろしく。


f:id:demekinsensei:20191230131507j:image

(ファンミーティング当たりますように)