キラキラを追い求めて

元K-POPオタがジャニーズにハマりかけているお話

リューン-風の魔法と滅びの剣-を観てきました※少しネタバレあり

なにわ男子の藤原丈一郎くん大橋和也くん主演のミュージカル、リューンを観てきました!ジャニーズが出ている舞台は昨年秋にトラジャの宮近くん七五三掛くん中村くんが出演した『今を生きる』ぶりです。

なにわ男子の結成で丈くん大橋くんのことを調べた時から、リューンが再演するならぜひ行ってみたいなと思っていました。ありがたいことにチケットも当たりまして、今回観ることが出来ました。

備忘録として残しておくため、ブログに感想を書いていきたいと思います。

『今を生きる』記事の時も書きましたけど「お前何様だよ」って思われる書き方かもしれませんが、ミュージカル、ストリートプレイ、バレエなどなど舞台好きな人間なのでご了承ください。

 

劇場と客層

今回の会場は日本青年館ホール。改装前のふっるーいイメージだったのですが、着いてビックリ。めっちゃキレイ!!

座席も観やすいように工夫して配置されており、ストレスフリーで鑑賞できました。

マナーがいい方がほとんどだったのも観やすかった理由の一つかもしれません。『今を生きる』の時にキャピキャピした感じの若い子がたくさん+ちらほら映画ファンって感じでして、若手俳優ファンも含めみんな双眼鏡で自担をずっと追ってる感じで、今回もそんな雰囲気だったらちょっと苦手だなー気まずいなあー、若い子の中にババアが座ってそもそも大丈夫か?とか色々心配してたんですけど、全て杞憂に終わりました。(今を生きるは何回も観てるファンが多かったらしいので、自担を双眼鏡ロックオンでもしょうがないといえばしょうがないのですが。)

もちろん若いファンの方もたくさんいましたが、様々な年代の方がいらっしゃって、空気感としては演者を追うよりも劇そのものを真剣に観ている感じでした。舞台の良し悪しは観客の空気でも変わるのですが、今回はとても心地いい時間を過ごすことが出来ました。

 

演出

最先端すぎてスゴイの一言に尽きます。ディズニーのプロジェクションマッピング劇団四季アラジンの空飛ぶ絨毯で感動してましたけど、軽く上をいかれてちょっとどう表現していいか分からない。かと思うと、波とか砂漠とかを布で表現していたりと昔ながらの演出もあり、何でもかんでも新技術にしようとしてないところも好印象でした。

歌っている時に登場人物の名前を紗幕に写したり、主役2人が歌ってる後ろで彼らの過去の場面をシルエットで写したり、お客様にわかりやすく伝える工夫がされているなと思いました。

 

脚本、ストーリー

話の流れは割とファンタジーとしては王道ですし、展開が読めるストーリーではあります。ダレンシャンとかロードオブザリングナルニア国を読んだ時の感覚に近いものがあるなと感じました。ですので、ある程度は残酷で闇もけっこう描かれています。メインテーマは『人間とは』というところだと思いますし、サブテーマも『戦争』『復讐』『絆』など重たいものを扱っており、何度も観ることでこの作品が伝えたいことがより分かってくるのではと思いました。私はとりあえずもう一度観たいと思いました。

一つだけ個人的に気になったのは、途中の劇中劇が長くてちょっと間延びしたこと。もう少し時間を短くするか、観客を惹きつける工夫があれば良かったのかもしれません。演出のせいなのか演者のせいなのかは分からないですが、確認のためにもう一度観たいです(2回目)。

 

曲、歌

歌の数が多い方だと思いました。オリジナルだし覚えるの大変だろうなとも。1幕2幕とも最後にみんなで歌った曲が胸を打つメロディと歌詞でとても好きです。たたら場の歌は迫力満点で、大澄さんと大橋くんの歌は乗り移られてる様子が歌で伝えられて良かったし、ファンルンのソロはロックもどき(?)でシーンとしては相手を切り裂いていってとても残酷なのに曲は面白くてギャップが楽しかった。初演みた方がサントラ欲しいってツイートしているのをたくさん見かけましたけど、その気持ちが分かりました。

 

役者について

さぁ、でめきんの毒吐きコーナーがやってきました。っても今回はあまり毒吐かないかもしれないです。そのくらい皆さん素晴らしかった。

 

丈くんと大橋くんはテレビでみるまんまでした。生でみると感動する芸能人もいますが、彼らは良くも悪くもそのままでかわいいけどその辺にいそうな若者で、だからこそ15歳の少年役がぴったりハマっていました。アイドルのキラキラ感ではなく、若者特有のキラキラ感やまっすぐさがとても良い。演技も歌も脇の役者が全員上手いので彼らの実力だと浮いてしまうのですが、その浮いてる感じが2人のまっすぐさとも相まって、主役2人を際立たせている印象でした。実力不足が悪い方には一切働いてなくて、キャスティングした方、素晴らしいですね。多分これ、絶妙な雰囲気の問題なので2人以外には出来ないかもしれません。

あと2人とも殺陣が良すぎた。さすがジャニーズ。

 丈くんは演技がとても良かったと思うと同時にあの役は演じていてキツいだろうなぁと心配になりました。腕斬られたり耳斬られたり口斬られたり、全身全霊で演じてる分、精神的にも肉体的にも疲労がすごそう。カーテンコールで笑顔をみてとりあえずホッとしました。目鼻立ちがはっきりしているので、舞台映えしますね。歌は丈くんの音域だと苦しそうだなと思うところが何度かあり、それが今回調子が悪かっただけなのかいつもこんな感じなのかは分かりませんが、ちょっと聴いていて気になりました。

大橋くんは乗り移られた時の身体の動かし方が素晴らしかった。あそこまで身体で表現できるのはさすがです。歌は伸びやかに歌っていて、安心して聴けました。いつぞやの記事で「歌が上手いというよりも歌える子というイメージ」って書いてましたが、前言撤回します。今回のミュージカルでは、曲ごとに気持ちの乗せ方が違うなと思いました。私が音程追ってるだけの子だなと思ったのは、クリパのマライアキャリーとバーチャルで色々カバーして歌ってたやつでそう思ったので、きっとその2つに関してはきちんと歌詞を理解して歌ってなかったってことですかね。大変失礼いたしました。役に関しては乗り移られる前がちょっと元気良すぎる気がしました。いつもの映像で見てる大橋くんそのままみたいな。悪いものに乗り移られる役ってもともと陰の部分が見え隠れしていることが多いので、1幕でもう少し伏線はっても面白かったのかも。(私の個人的な好みではありますが)

6/10追記

ダイヤモンドユカイさんのラジオに丈橋がゲスト出演した時の回を聞きました。1幕で元気キャラだったのは演出の指示だったようです。役者本人は悪くないです。すみませんでした。ただそれを聞いて、少し過去を引きずっている演技をしたという初演を観ていないことが悔しくて悔しくて。。来年、再再演があるならまた役作りも変わるでしょうから、それを楽しみにしようと思います。

 

ファンルン役の溝口琢矢くんは初めましてで、勝手に若手俳優育成枠的な子かなぁと思っていたので、いい意味で予想を裏切られました。スタイルいいし顔立ちもよく、演技も歌も合格点。私が入った回は溝口くんファンが多かったのか、彼が登場するときに拍手おこってました。そしてファンルンっておいしい役ですね。私この役丈くんにも演じて欲しいなと思っちゃいました。フロー役で痛めつけられてるから余計に。前回のファンルンは永田崇人くん、今を生きるにも出演していた子だったので、それもみたかったなぁと思いました。今生きの学生役の中で1番上手いと思ったの崇人くんだったので。

 

エルカ役の浜崎夏帆さんはアイドルグループ所属とのことですが、そんな風に全然見えないくらいミュージカル女優してました。歌も上手で、あと身体の使い方が上手い。ミュージカル駆け出しの時のソニンに通じるものを感じます。舞台が好きというキラキラが伝わってくる感じが。グループ活動もあるのでしょうが、舞台女優としてもやっていけそうな実力のある子だなと思いました。

 

あと、個人的に特記すべきは大澄賢也さん。大澄さんがどんな役ででるか知らなかったので、1幕で場の空気を作ってるめちゃめちゃ上手い人がいて、でもあんなハゲ親父役が大澄さんなわけないだろうと思って幕間にパンフ買って見たら大澄さんで!!ほんと流石すぎました。大澄さんの出る前と後で劇場の空気が変わりましたから。大澄さんの舞台を観たのはとおーい昔『シカゴ』に出ていた時のだったのですが、その時も日本人でここまで再現出来るんだって感動したのを思い出しました。2幕の獣役も大澄さんじゃなければギャグになっていたかもしれません。ターンがめっちゃキレイでした。またいつか大澄さんのミュージカル観にいきたいなぁ。

 

いろいろお小言も書きましたけど、リューン最高でした!カーテンコールでお辞儀だけじゃなくて、少し挨拶してくれるのも嬉しかった。再々演が来年あるならまた観に行きたい。演者も観客もまるっと優しい空気感でとても居心地が良かった2時間半でした。