キラキラを追い求めて

30代元K-POPオタがジャニーズに片足突っ込んでたらJO1の王子沼に頭まで浸かってしまったブログ

SixTONES その2

SixTONES、おめでとうございます!!

YouTubeアーティストプロモキャンペーンに、日本で初めて選ばれたということで、にわかの私もとっても嬉しいです。MV解禁されるまで記事書かないでおこうと思ってましたが、今日めでたく解禁されましたので記念ブログしたいと思います。

 

1週間ほど前でしょうか?

SixTONESの巨大なポスターが品川駅に掲示されてるとインターネット上で話題になっていました。YouTube関連のポスターだということで彼らの動画は再生回数も多いし、個人的にはそんなにビックリしなかったんです。でも、Jr.で、っていうかデビュー組でもあの大きさの広告ってジャニーズではかなり凄いんだって、色んな方の書き込みやツイッターをみて分かりました。しかも、都内各地にありますもんね。

 

私が追っていた東方神起は日本での事務所がavexなのもあり、こういうお金をかけた広告系は今までもけっこう出していたから今回のストの凄さに気付きにくかったんだなぁと思います。事務所によってお金かけるところ違いますもんね。エーベは円盤と広告はお金かけてくれるけど、ジャニーズはライブ舞台演出に1番お金かけてる。たぶん今回は事務所だけでなく、YouTube側もお金を出してるはずで、だからこその豪華な広告になったんだと思います。

 

ポスターのビジュアルもみんなかっこいい。ジャニーズっぽい中性的なかっこよさではなく、青年っぽいかっこよさ。ジャニーズ=なよなよ→嫌いって先入観持ってる人ってかなりいると思うけど、彼らの見た目はジャニーズっぽくないので、それが今回のプロモーションにはぴったりです。今までジャニーズに興味がなかった層と男性にも受けが良いんじゃないかと思います。

 

毎週金曜日がYouTubeのジャニーズJr.チャンネルのSixTONES担当曜日でして、先週の金曜日はこのアーティストプロモーションに選ばれたくだりをドッキリ仕立てで動画配信されてました。

 

いや〜、あれは泣きそうになりました!ファンだったら、きっと号泣してましたね。本当に喜んでるのが伝わってきて、1回1回のリアクションがとても素直で、「良かったね良かったね」と画面に向かって呟いてたらしいです(旦那談)。

 

ちょっと切なかったのは、けっこう最後の方までみんな本当に選ばれたのか疑ってかかっていて、それが彼らが今まで浮き沈みの大きいJr.人生を歩んできたことを物語っていました。(デビュー間近なところまでいっていた時もあったのに、キンプリが推されて先にデビューしちゃったんですもんね。)

 

「デビューとは違うかたちで売れていく」「Jr.のままでデビュー組を越せたら」という言葉を今まで発していた彼らが、その言葉通りになっていきそうで鳥肌が立ちます。陰ながらこの先どうなっていくか見守っていきたいです。(再生回数くらいしかお手伝いできないけど。)

 

そのドッキリ動画の中で、プロモーションキャンペーンの一つとしてMVを11月5日に公開するとお知らせがあったので、今日がとても楽しみでした!曲は私お気に入りのジャポニカスタイルだということですし。

 

実際にMV見てみて、ビックリしたことがあります。

f:id:demekinsensei:20181105194900p:image

えっ?滝沢秀明??

タッキープロデュースのMVだそうです、みなさん!!

タッキーが引退するの残念に思ってましたが、こうやって彼の作品や彼の名前を今後もみることが出来るなら、とても嬉しいです。

MVは全体的にはとってもかっこよく仕上がってました。振付も衣装も刷新したとのことですが、私はジャポニカスタイルの衣装のひらひら具合が大好きだったのでそこがなくなったのはちょっと残念かも。。そして、ジャニーズ特有の謎のサングラス(ジェシーのみ)はいらなかったと思います。

あ、振付は今回のも今までのもどちらもかっこよかったです。

 

MV通して、京本大我くんがすごく洗練されていて素敵でした。中国や台湾人好きそう。

全体的に歌担当のジェシーと京本くんが多めに映っている構成でしたが、ビジュアル担当として北斗くんをもう少し映した方が「あっ、こんなカッコイイ子もいるんだ」って世の女性に響きそう。振付を新しくしたのであれば、間奏部分やユニゾンで歌ってるところは慎太郎センターにしてもっとガツガツ踊ってもらっても良かったかも。(カッコイイと言いながら結局文句たらたら笑)

 

K-POPグループも、全員歌うまでダンス上手い風にMV作ってますけど、本当は全員が歌えるわけでも踊れるわけでもないんですよね。歌い上げるところは歌うまメンが真ん中で、ダンスで魅せるところやサビはダンスメンがセンターに来る構成になってるので、粗が目立ちにくい。

ストの場合は、ジェシーも京本くんもある程度踊れちゃうのでずっとセンターにいる感じになってます。でも慎太郎くんのダンススキルは露出しないともったいないし、世界に向けてのMVだったらもうちょっと真ん中で踊って欲しかったなぁと思いました。

 

でも、ここまでYouTubeに取り上げてもらって、タッキーも携わっていて、「世間にこれ以上お披露目しません」はおそらく無いと思います。色んなところで期待されてますが、このままジャニーズ初の配信デビューいっちゃおう!

 

最後に、SixTONESのファンの方々本当におめでとうございます。ドッキリ動画では明らかになってはいませんでしたが、今回プロモーションに選ばれた理由は、大手の事務所だったこと、ジャポニカスタイルという外国受けするオリジナル曲を持っていたこと、アイドルグループとして世界に出しても許してもらえるパフォーマンス力があること、そしてSixTONES動画の再生回数が良かったことが挙げられると思います。再生回数に関しては、ファンの方々の努力の賜物です。SixTONESとファンの方々の関係性が本当に素晴らしいですし、その関係をみていて心が温かくなりますし、なぜかパワーをもらえる感じがします。これからもちょっと元気がない時は、ストチューブとコメント欄みてパワーチャージさせていただきます。

 

タッキーが本格的にプロデュース業を開始する来年から、Jr.界隈で色々動きがありそうで今から楽しみです。