キラキラを追い求めて

元K-POPオタがジャニーズにハマりかけているお話

元K-POPオタからみた Love-tuneメンバ ー 前半

前に、キンプリとトラジャの各メンバーの印象を記事にさせていただきました。今回はLove-tune編です! 


キンプリ記事を想定よりたくさんの方が見ていただいてたみたいで、ありがとうございます。改めてキンプリ人気すごいなと思いました。


そして、「褒め」&「褒め」&「褒め」な記事を期待してクリックしてくださった方、お目汚し本当に申し訳ないです。「貶し」&「貶し」&「褒め」くらいになってましたね。。けーぽオタはけっこう自担貶しても大丈夫な世界なんですが、ジャニオタ界は違ったのかもと思って、現在ビクビクしておりまする。


さて、ラブについてですが、もし現在活動中だったらJr.ユニットの中で1番好きになっていたであろうグループです。(あれ?トラジャは?)

トラジャは第一印象で惹かれなかったため、ラブが活動中なら余所見せずにラブに夢中になっていたでしょう。

また以前の記事でも書きましたが、私がトラジャに本格的に興味をもったのはYouTubeの夢ハリ松倉くんソロであり、それがなければトラジャ含めJr.のみんなをYouTuberとしてしか見てないと思います。


ちなみに情報局はラブの動画がみたいというきっかけで入ってるので、私の好きなタレント欄は『阿部顕嵐』になってます。(キラキラ〜キララ〜)


今回ラブのメンバーの印象を書いていきますが、ラブ様はYouTubeやってないのでいかんせんライトな私には情報が少ないっす。ラブ担の方々には、「あー、一般のおばちゃんからはこう見えるのねー」くらいで閲覧していただければと思います。

(前置き長くてすまぬ)



安井くん


私、マロン白書とリバさんのブログが大好きでして、安井くん担のリバさんの影響で安井くんに対しての印象は最初とても良かったです。


でもいろいろ検索したら、ラブが干された原因は安井くんが事務所の上の方に楯突いたから、みたいに書いてあるじゃないですか。

「えっ、いい人なの?悪い人なの?どっちなの??」

って、安井くんに対して疑心暗鬼な状態で情報局動画を見ることになりました。



いやいや、これは絶対いい人!!



前回のラブ記事で書かせていただきましたが、あったかい人だなぁって思いましたし、本当にメンバーとファンが大好きなんだなって伝わってきます。もしかしたら、その思いが今回の干されに繋がってしまったのかもしれない(下げ記事が事実なら)けど、彼自身はいい人だと思います。グループの中では中居くんっぽいかもしれません。グループを大切にするところとか。安井くんもカラオケで酔っ払って「おれ100人来てもラブ守れるよ」とか言いそうじゃないですか(参考動画:SMAP5人旅)。

『ザ☆いいヤツ』

それが安井くんのイメージ。



さなぴー


年下なのに、さなじぃと呼びたくなるあの愛しい感じはなんなんでしょうか。

私、さなぴーを最初に確認したのは、まいジャニが東京に出張してきた時の回(やたら長妻くんが推されてたやつ)だったんですが、質問の受け答えがすごく自信満々な感じで、第一印象最悪でした。

情報局に入って、ラブの動画を見るまではそのイメージが抜けなかったんですけど、、、



「まって。か、かわいい」



個人的にスノの深澤くん、渡辺くんにも同じ印象をもったんですが、変にカッコつけてそうな雰囲気あるのにめちゃめちゃニコニコしていて、すごくかわいかった。That's ギャップ萌え。


そんで、ギター持ったら、マジ真剣。アイドルバンドだから、もう少し被せでも良かったはずなのに、ちゃんと弾いてて偉いなと思った。そして真剣。カメラに抜かれてるのにギターしか見てない。カッコつけてるキャラだと思っていて本当にすみませんでした。



萩ちゃん


彼のことはいまいち良く分からなかったのですが←、多分バンドメンバーの中では1番楽器ちゃんとやってるよね?彼もさなぴーと同じで、


カメラにカッコつける<演奏ちゃんとやらなきゃ


な感じで好感持てます。

ジャニタレには珍しい職人気質なので他のグループだと難しいかもしれないけど、ラブだから彼の良さを活かせてる気がします。

ドラマーらしく落ち着いていて、彼が1番自分の立ち位置やグループ全体を俯瞰でみることができているなと思いました。


退所疑惑もちらほら出ているようですね。でも彼の場合、芸能界じゃなくてもやっていけそうな人材ではあります。芸能界でもどの世界でも、彼はピンじゃなくグループでこそ活躍できるタイプだと思いますし、ラブが活動休止していちばん割りを食ってるのは萩ちゃんだと思います。ラブにいて欲しいけど、どの道に進んでもその全体を見れる視点は大切にもっていて欲しいです。




あぁ、また貶し風味になってしまった。。ちなみにメンバー掲載は、でめきん的ギャップ萌えベスト3からお届けしました。

では、後半に続きます!

(貶しに懲りてない)