キラキラを追い求めて

30代元K-POPオタがジャニーズに片足突っ込んでたらJO1の王子沼に頭まで浸かってしまったブログ

タッキー引退について

今さらですが、タッキーについて語りたいと思います。(ほんと今さら)


私たちの世代だとタッキーという存在が表舞台からいなくなるのは一抹の寂しさがあるんです。SMAPが解散した時も感じたことですが、学生時代からあるものがなくなるって、自分の学生時代の思い出も遠くに行ってしまうようでファンじゃなくても、とても寂しい。

(いや、学生だったのは実際だいぶ前なんですけどね)


タッキー人気全盛期だった時、当時私は小学生でした。クラスでタッキーの名前を知らない女子はいなかっただけでなく、滝翼と川野くんが出ていた『木曜の怪談』というドラマをみてない女子もいなかったと思います。金曜朝は女子みんなでドラマの感想を話すのが恒例行事化してました。(本当に楽しかったなー)


今振り返ると、Jr.でこの知名度は普通じゃなかったんだと思います。タッキーが入り口で他のJr.のファンになる子もたくさんいましたし、Jr.全体で一般層にも人気が出てました。


でも一部のJr.が調子に乗って色々問題を起こしたり、当時の人気Jr.だった嵐や初期のNewSがデビューしたりで、Jr.の人気はだんだん落ち着いていきました。私の周りでもJr.が好きな子が少なくなり、たまにテレビに出るタッキーや山P、かざぽんを見て「あ、久しぶりに見た!」みたいな、クラス替えしたらあまり会わなくなった友達をみる感覚で彼らをみてました。


滝翼がデビューしてユニットとして爆発的なヒットをすることはなかったけど、彼らをみると懐かしい気持ちになるので心の中で「頑張れ」って応援してました。そんな人多かったんじゃないかな。CD買ったりライブにはいかないけど、ファン以外にも好感度が高いのが彼らだったと思います。


デビューしてからもJr.の面倒をみてきたというタッキー。今回プロデュース業に専念するとの発表で、とってもとっても寂しいですが、1人の大人の決断としては間違ってないと思います。

人を育成するってとても尊い仕事だし、責任が伴う仕事。片手間にやるものではないし、教え方のスキルだけではなくどのくらい熱を入れて指導するかで結果が変わってきてしまう。


「教えても伸びるかは、教わる方の素質と性格次第だから」

と割り切っているビジネスライクな指導者も残念ながら多い中で、タッキーが

「人の人生預かってるから自分も全力で向き合う」

という指導者としての理想的なあり方を世の中に示してくれて、元教育者の端くれとしては本当に本当に嬉しかったです。


報道だとジャニーズの学校みたいなものをつくるそうで、韓国の事務所みたいだなと思いました。韓国のアイドル事務所って歌・ダンス・語学などのレッスンや自習室がたくさんあって、オーディションに受かった練習生はまずそこでがっつり練習しまくります。

K-POPオタ時代、「ジャニーズより練習生は恵まれているな」、「ジャニーズもちゃんとJr.のうちに鍛えておく環境をつくれば、デビューしてから一般層に音痴だのダンス下手だの言われなくなるのになー」とずっと思っていたので、個人的には楽しみにしております。

(って思ってたら、歌もダンスも練習しない座学だけの学校だったらどうしよう。。)


あと、これはタッキーに権限があるのかはわからないですが、組むだけ組んで箱推しオタもがっつり付いてるJr.ユニットたくさんあるの、どうにかして欲しい。時間が経てば経つほど、ファンもメンバーも結束が高まってしまうし、解体して選抜デビューさせるつもりなら、どうか1日でも早めにお願いします。それか、そのままのユニットでしばらくいくのであれば、ジャニーズ内でしか露出がないのはもったいないので、YouTube以外でも何らかの形で世間にお披露目して欲しいと思います。


タッキー先生、みんな期待してるよ!!

(ないかもしれないけど、カウコン出てくれるのも期待してるよ!)