キラキラを追い求めて

元K-POPオタがジャニーズにハマりかけているお話

SixTONES その3

やばいやばいやばい。絶対自分には刺さらないと思っていたアイドルだったのに。好みの顔の人は誰もいないし、ヤンキー系のパフォーマンスも好みじゃないし、内輪ノリも私にはキツすぎる。ズドンなにそれ。って思ってたのに、彼らの動画をみるのが止められない、止まらない(かっぱえびせん的な)。

過去2回、SixTONESについてブログで記事にしてきました。その時も書きましたが、グループの空気感がとても自然で誰も無理してなくて、ファンとの関係性も良く、いいグループだなぁとは思ってました。(オラオラ苦手なので私はファンにならないとは思うけどという前置き付きで汗)

ただ、最近時間があれば彼らのことを検索したり、過去のYouTubeを見たりすることが増えてきました。アイドルとしての見た目はトラジャやなにわ男子が好みなので、認めたくないけど、でもストのことが今とても気になります。

 

気になる理由は色々ありますが、1番はこれ。

 


SixTONES @ KANSAI COLLECTION 2019 S/S | SECRET GUEST LIVE

この動画の4曲目"Laugh" in the life

が好みドンピシャすぎましたー。歌詞も曲もパフォーマンスも最高!!

東方神起の曲だとSummer Dream、Choosey Loverが大好きな私。明るくてちょっと洒落っ気もあり、ファンと一緒に盛り上がれる多幸感のある曲がお気に入りで、まさかそんな大好物をあのSixTONESが出してくるとは思いませんでした。いつもパフォーマンスの時はオラオラヤンキー風ですが、この曲の時はYouTubeの明るく楽しいSixTONESの雰囲気が出ていますよね。彼ら以外にはこの多幸感は出せないと思います。

いいグループだと思いながらもオラオラ苦手フィルターがかかっている私にとって、「SixTONESこういう曲も歌えるんだ!?ステキじゃん!」と目から鱗状態でした。

(注:YouTubeに以前上がっていた『この星のHIKARI』は明るいけど、好みの歌ではなかったので刺さりませんでした。)

 

それでは、この曲と彼らのパフォーマンスで私が特に気に入っている部分を(勝手に)ご紹介いたします!

 

 

まず最初、ジェシーのパート。

f:id:demekinsensei:20190426024853p:image

この両手伸ばしてるジェシーがめっっちゃかわいくて仕方ない。ジェシーデカイのでかわいいなんて思ったことなかったけど、「おれ、ここで歌えて幸せだぜー!!」ってアテレコしたくなるようなジェシーがかわいい。かわいいしか書いてないけど本当にかわいい。(少年倶楽部で披露した時は手伸ばしてなくて、ちょっと残念。)

 

 

次の松村北斗くんパート。

かわいいジェシーからの低い色っぽい声に「うっ」ってなる。こうやって人は恋に落ちていくのかしら(違

少クラの時はウインクもされておりまして、カッコ良すぎておばちゃん困っちゃう(キモ

北斗くんの顔って江口洋介稲垣吾郎系統で私の好みではないし、そもそもジャニーズJr.の皆さんについては保護者目線で見てるのですが、それでもドキッとさせる何かがある子です。色気があるってことなのかな。黒髪派の方多いと思いますが、でめきんは茶髪派。

茶髪北斗くん出演中のドラマ『パーフェクトワールド』は最初松坂桃李目当てで見始めたのですが、北斗くんの方がキラキラしてて惹かれております。周り経験豊富な若手〜中堅役者で揃えてるけど、本職の役者さんに見劣りしてなくてすごいなぁと思います。

脱線しました。話戻します。

 

 

花道歩きながらの京本大我&ジェシーのハモリ

テンポ速くて移動しながらなのによくスッとハモれるなぁと思いました。ハモり慣れてる感じがとても良い。この2人がすごいのは、色々な仕事をやらされることで他界隈にも有名なジャニーズなのに、歌に対してしっかり取り組めてるところです。ハモるメンズ好きな私としては1人ずつ歌うより2人のハモりパートが多いと聴いていて楽しいです。

 

 

Everybody say Oh!Yeah!のところ

なんとこちらの曲、コール&レスポンス付きなんです!このパートで歌ってる子がカメラに抜かれてますが、周りにいるメンバーも一緒に観客煽ってるのが映り込んでいて、絶対ライブで楽しいやつだって思いました。このyeah!をいつかやりたい。ストのライブに行ってみたい。

 

 

サビ部分

f:id:demekinsensei:20190426090920p:image

サビでセンターステージに飛び出してくるような演出好き。この曲はステージ上でたくさん動いた方が魅力的ですね。ステージの構造上の問題ですが、少クラ(NHKホール)より、この関コレ(京セラドーム)で披露したパフォーマンスの方が私は好きです。海に到着して走り出すような開放感が出ててとてもステキ。

 

2番のサビのところで、きょもが腕くるくるしててかわいい。SixTONESは踊りのバラバラさをいい方向に活かしているグループだなぁと思います。自由さ、ラフさを演出していて、観客が楽しめそうなライブだなと映像を通して感じています。いつかライブに行きたい(2回目)。体力の限界ギリギリまでやってくれるライブももちろん好きなんですが(東方神起がわりとそれなので)、こっちも力が入っちゃってスポーツ観戦してるのと一緒の気分になることがあります。SixTONESみたいに“応援”要素があまりなくて、でもアーティストと一緒にパフォーマンスを楽しめるライブも魅力的。

そんな彼らのライブに行ってみたい(3回目)。

 

 

間奏ダンス

全然揃ってないけど笑、SixTONESらしい自由な雰囲気が出てて良い。ガチで踊るより、音に乗って楽しんでる感じが曲に合っててステキ。こっちも一緒に踊りたくなるくらい楽しそう。ぜひ、見てない方はジャニーズJr.チャンネルの動画見てみてください!

 

 

以上、"Laugh" in the lifeの個人的好きなポイントでした。

もともとSixTONESYouTubeは毎回欠かさず見ているもののリピートすることはそこまでなかったのですが、この曲を聴いてからは今までの動画を見返すようにしています。

勝手につけてた変なオラオラフィルターをとって動画をみると、1人ひとりの魅力がより分かるようになってきて、そんな毎日が楽しいです。ルックス面も、好みがいないし個性的な顔立ちが多いし微妙だと思っていたのが(失礼極まりない)、慣れなのかなんなのかそれぞれ可愛くイケメンに思えてきました。〇〇くんがカッコいい!〇〇くん推し!とか特にないですし、SixTONESのために雑誌などを買うまでは気持ちは盛り上がってないので、ファンには結局ならないかもしれないですけど、いつかライブには行ってみたいし(4回目)、CDか配信があったら絶対に買いたいなと思います。

(ちなみになんとなーく応募した横アリは外れています。。興味もったからって気軽にライブに行ける感じじゃないのは承知しております。。)

 

ジャニーズアイドルって、CDデビューしたら歌って踊る仕事プラス、バラエティや演技など多岐にわたって仕事をしますけど、SixTONESの場合はアーティストっぽい仕事の仕方の方が合う気がします。地上波でない代わりにYouTubeを継続し、配信で曲を出して、年間のライブ数を多くするような新しいジャニーズの活動の仕方があってもいいんじゃないでしょうか。早くJr.表記がとれたらいいなと思います。

あと、オラオラもいいけどもっと色んなジャンルの曲歌って欲しい。私みたいに引っかかる人も出てくると思うから。また明るい歌歌ってくださーい。待ってまーす!

映画『少年たち』をみてきました!

ジャニーズJr.がたくさん出演している『少年たち』をやっと観ることができました。ファンの皆さんが公開初週にみて、感想をSNSにあげていく中、4週遅れでブログにあげるスタイル。乗り遅れたBBAスタイルでお送りいたします。公開からかなり経ってるので、もう気にされてる方いらっしゃらないと思いますが、ネタバレ全開でいきますので、そこのところよろしくお願いします。

 

まず、トンチキさが売りのジャニーズの舞台が元になっているということで、私の場合はいろんなネタバレを見てから映画館に向かいました。結果、情報仕入れてから観て正解だったと思いました。何も知らずに行ったら頭の中「???」だらけになっていたでしょう。

 

いろんなネタバレをみた上での心構えとして、

①ストーリーは深く考えない

②キャストの姿を見にいくための1800円と捉える

③インド映画的ネタ映画として楽しく突っ込みながら観る

以上3点を心に決めておいたため、予想していたよりも楽しむことができました。ネタバレ万歳!!

 

今回の記事は(も?)、人様に伝えるよりかは自分の備忘録的な形で書いていきたいと思います。せっかく映画観に行ったんでね。記憶に残ったことをつらつら書いていきます。(ストーリーは皆さんがご指摘の通り破綻してるので笑、あまり触れないつもりです。)

 

 

まず、特筆すべきはオープニングのパフォーマンスですね!途中から歌詞のテロップに意識持ってかれたけど!テロップとかフォントとか色んなネタバレに書いてあって、何のことだろうとドキドキしてたら、まさか笑。音楽番組みたいに歌詞を下に出すのではダメだったのか?なぜに単語?なぜに一部のみ?『夢 恋 桜』の文字がゆらっと画面に出たとき吹き出すかと思いましたよ。

 

劇中は、歌もダンスも思ったより多めで歌番組みてるみたいでした。出演している子たちをYouTubeなどで見ているからこそ多少アラがあっても参観日感覚で楽しめるのかなぁと思います。もし、万が一、これから観に行こうかなぁと思ってる一般の方!あらかじめ、ジャニーズJr.チャンネルのSixTONESSnow Manの動画をみておくといい感じに情が入って楽しくみれますよ!

 

ただ、わたしはインド映画もミュージカルも好きなので、唐突すぎる歌の始まり方にはある程度寛容な方だと自負しているのですが、ネタバレみていたとはいえ関ジュの『Happy』の投入には目が飛び出るかと思いました笑

走馬灯的な意味で使ったMVなのかと思ったら最後室くん生きてるし。でもまぁ曲としては普通に良かったです。後ろに映り込んでたみっちーかわいかった。

 

演技は全体的に学芸会風味は拭えなかったものの、色んなJr.の演技をみることが出来てお得だなぁと思いました。SixTONESの北斗くんと慎太郎くんの演技が自然で良かった。本人ではなく役柄の人としてみることが出来ました。

京本くん、西畑くんは別作品でみてた時は上手だと思ってたのですが、『少年たち』に関しては正直微妙。経験や才能があっても、作品に合う合わないってあるんだなぁと思いました。京本くんは本当に舞台向きの役者さんなんでしょう。映像のお仕事も経験積めばしっくり来るようになるかもしれないですが、今のところは若手の舞台俳優が映画に出てみました感が強かった。西畑くんは、しっかり演技プランを立てて芝居をする子だと私は勝手に思っているので、ちょい役(しかも話の筋がよく分からない話)だと役づくりがいまいち出来なかったのかなぁと思いました(甘)。

 

あとは皆さんおっしゃってますが、エンディングがさいこーですね!エンディングだけ何回も巻き戻してみたいくらい。笑顔で楽しそうにパフォーマンスしてて、これぞアイドル!エンディングのためだけにDVDが出たら買っちゃうかもしれません。。

 

オープニングの謎テロップ付きのパフォーマンスと、可愛いエンディング、ツッコミどころ満載のストーリー、それを一生懸命演じているJr.のみなさん、、一般的ないい映画ではないかもしれないけれど、なぜかくせになる映画でした。また観に行きたいとなぜか思ってしまいました(悔しい)。

 

 

 

 

この前の実演パフォーマンスをGW中に上映してくれるらしいじゃないですか!!観たい!観たすぎる!!

 

コナンとキングダムを観に行く予定が狂いそう。ごめんよ、怪盗キッド。。

Snow Man その2

放送後から少し時間が経ってしまいましたが、Snow Manが密着取材されていたドキュメンタリー“Ride on Time滝沢歌舞伎編の全4回が終わりましたので、その感想などを書いていきたいと思います!

 

放送時間が深夜1時半からで、アラサーにはしんどかったんですが、4回ともリアタイしちゃいました。本当は関ジュの回はリアタイ頑張ってたんですが、Snow Manはアプリで見ればいいかなーって思ってたんです。でも予告でSnow Manの稽古風景をみてすんごーーく興味が出てしまって。

若者が必死こいてる姿って、いいよね。Snow Manの魅力がとっても伝わってきました。

 

 

魅力その1.ド根性

滝沢歌舞伎の稽古風景を中心に映していたドキュメンタリーでしたが、稽古って全力でやる人もいれば、ある程度さらっと流してやる人もいると思うんです。彼らは振り入れから常に全力200%で、さらに自分の限界の先を見ている感じ。プロデューサーであるタッキーのインタビューでも「熱を伝える舞台」という言葉がありましたが、それを受け継いで体現しているなと思いました。

 

「なんで、ジャニーズが歌舞伎の真似事なんかしてるんだろう、本物に勝てるわけなんかないのに」

 

滝沢歌舞伎に対してはずっとこう思っていましたが、番組を通して、この舞台の魅力が分かって良かったです。プロではない人たちがガムシャラにやる、熱を観客に伝えるっていうのがコンセプトだったんですね。Ride on Timeの内容はこれまでも賛否両論ありましたが(編集がアレだということで)、このSnow Manの回は放送できて良かったんじゃないでしょうか。滝沢歌舞伎にあまり良いイメージを持ってなかった私ですら、Snow Manが血反吐を吐くくらい頑張ってる姿を見て、観に行ってみたいなぁと思いましたもん。

 

 

魅力その2.プロの舞台人

彼らがメイクと衣装をつけて舞台に立っている姿も少し映りましたが、舞台映えの良さにビックリしました。彼らはいわゆる万人ウケするアイドル顔ではないので、なんでジャニーズで生き残っているんだろうと思ってましたが(ごめんなさい)、舞台に強い人達だったんですね!

役者さんでも、映像作品向きの方と舞台向きの方がいるように、アイドルにもお茶の間うけ=テレビ受けがいい人と、映像や写真とは別人かのように生の舞台で輝く人に分かれると思うんです。Snow Manは絶対後者です。ジャニーズタレントはSMAPや嵐のヒットにより、テレビの人ってイメージがどうしても一般や私のようなにわかオタにはありますが、実は舞台もたくさんやっていますもんね。ジャニーズの舞台をこれから支えていくのは彼らなんだろうなと思いました。それくらい、舞台が似合ってました。スタイルもいいし、舞台メイクも映えるし、身体の使い方も上手。彼らの良さは舞台やコンサートで生のパフォーマンスをみないと分からないんだと思いました。

 

また、佐久間くんや岩本くんが何度も「お客様」という言葉を使っていました。お金を払って観に来てくれる「観客」に恥じない舞台にするという気持ちを、ここまでしっかり持っているアイドルって実は多くないんじゃないでしょうか。

アイドル界全体をみてですが、ファンはお金を払ってアイドルのパフォーマンスを「観に行く」のではなく「応援しにいく」という感覚がどんどん強くなっている昨今、ステージ上で歌詞や振りを間違えたり、ダラっとするアイドルとそれを許すファンも多くなっている気がします。だからこそ、Snow Manのメンバーの言葉にハッとしたし、彼らのプロ意識の高さにジーンときました。ずっと応援している根強いファンが多いのは、こういうところなんだろうなぁと思います。

 

 

 

※増員の件※

番組内では私が思っていたよりサラッとした扱いでしたが、増員について思うことを少し書きます。

この記事に目を通す方はほとんどご存知かと思いますが、今年始まってすぐ、Snow Manが6人体制から3人増員して9人体制になると発表されました。関西ジャニーズJr.から向井康二くん、宇宙sixという別ユニットから目黒蓮くん、そして弱冠15歳の村上真都ラウールくん。ネット上で、現在のJr.界の長であるタッキーがめちゃくちゃ叩かれるのを見ていました。

増員に関しては、実際に9人で動いて歌って踊っているところをみてみないことには、自分の意見すら固まらないなぁと思っていましたが、朝の情報番組やMステなどがあり、茶の間のわたしでも拝見することがすこーしだけ出来ました。

 

私の個人的な意見ですが、増員の賛否は置いておいて、ラウールくんと目黒くんはSnow Manに合っていると思いました。もともとSnow Manが持っていた舞台映えするという長所が共通しているメンバーだからです。特にラウールくんはあの歳でかなり堂々とパフォーマンスしていて、ビックリしました。スキルはもともとのメンバーにまだ追いついていませんが、まだ伸びしろもあると思うし、これからが楽しみです。

でも向井くんは、私は舞台よりテレビ向き(特にバラエティ)の人なのかなと、他の8人とはちょっと毛色が違うのではないかと思ってしまいました。もちろん歌ダンスも出来る子なのですが、彼の魅力が最大限伝わるのはまいジャニみたいなバラエティ+1曲パフォーマンスのテレビなのかなぁと。。

タッキーが、Snow ManをTVでも活躍させようと思って、向井くんを加入させたのならまぁ気持ちは分かります。でも本気でSnow ManをTVの人気者にするなら、舞台映えするタイプの目黒くんやラウールくんよりも、逆にもっと分かりやすいジャニっぽいイケメンとバラ能力高い向井くんの組み合わせを入れた方が良かったんじゃ、、と素人おばちゃんは思うんですけど、どう思います??若いイケメン人材不足なのかしら。。向井くんにはむしろソロでバラエティ中心(時々舞台)タレントの道を切り開いて欲しかったなぁと思います。

 

向井くんを入れたことで、グループとしてどこに向かってるのか、1番の特徴は何なのかがいまいちこちら側に伝わりづらくなった感じです。増員前は、プロの舞台人グループって印象だったのが、今は舞台を強みにしていくのか、アイドルらしさを求めていくのか、テレビに進出していくのか、よく分からなくなりました。全部やろうとして今現在結局全部中途半端になりそうな予感もします。

でも確かに、今までの強みだったプロの舞台人的要素は残しつつ、他の分野でも伸びていければすごく強いグループになるし、そうなれば成功なんだと思います。

 

6人のパフォーマンスは局動画やYouTubeでしか見てないですが、すごくカッコよくて完成されていて、本人たちもステージに立つのが心から好きなのが伝わってきて良いグループだなぁと思ってました。でも、逆に言うとまだJr.なのに安定してしまっていた。高いレベルでの安定ではあるけれど、そこから抜け出すにはたしかに何らかの改革は必要だったのかもしれません。ただ、増員という選択肢を選んだのは意外でした。他に何があったのかと言われると思い浮かばないのですが。。

 

9人としてのSnow Manはまだまだこれからのグループです。ここからどうなっていくのか、彼らのこの賭けがどうなるのかドキドキしながら見守っていきたいと思います。Ride on Timeで見せてくれた、彼らのプロ根性はそのままに更に飛躍することを期待してます。

 

SME推しの皆さんにおすすめのジャニーズJr.を紹介する回

今回は東方神起や少女時代の事務所であるSMエンターテイメントの男性アイドルグループをジャニーズJr.にあてはめたらどうなるかなーと思って、紹介形式で書いてみましたー(けーぽの他の事務所あまり詳しくないので、SME限定です)。

ほんとーに自己満記事です笑!書いててとっても楽しかった♡ご興味ある方はお付き合い下さい。

 

 

 

東方神起(2人体制)がお好きなあなた

SnowManがおすすめ!

コンサートにいくなら、安定したパフォーマンスを見せて欲しい!アイドルにもアーティストとしてのプロ根性をみたいあなたには、アクロバットもダンスもかっこいいSnowManがぴったり!歌もなかなかです。

20代半ばのメンバーが多く、大人の男性としての魅力にも溢れています。オリジナル曲もちょっとavexっぽいから、聴きやすいはず!気になった方は、彼らのプロ意識を感じられるドキュメンタリーRide On Timeがフジ系で現在放送中。要チェケラッ(古

※1 東方神起の日本事務所はavexです。

※2 東方神起5人時代が好きな方はキンプリがおすすめです。キラキラ感とパフォーマンス力のバランスがいい塩梅でございます。

 

 

SUPERJUNIORがお好きなあなた

SixTONESがおすすめ!

パフォーマンス力もバラエティ力も高いグループが好きなあなた!曲中のクールさとトークのわちゃわちゃのギャップが魅力なSixTONESはいかがでしょう!?面白いだけかと思いきや、歌えるメンバー、踊れるメンバー、ラップ、ボイパなどパフォーマンス面も個性豊か。ファンと一緒に盛り上がれる、ライブのスタンスも近いはず。YouTubeジャニーズJr.チャンネルの、横アリパフォーマンス動画とすとらじがオススメ!

 

 

SHINeeがお好きなあなた

Travis Japanがおすすめ!

少年っぽい可愛らしさ儚さがありながらもフォーメーションダンスでキレキレに動いてくれる、そんなグループが好きなあなたにオススメです!みんな童顔で背も低めですが、身長が低いことを活かし(?)SHINeeレベルに曲中移動しまくっています。パフォーマンス以外のふわふわ平和な空気感も魅力。作詞作曲に興味があったり、振付を自分たちでしていたりとクリエイティブなところもあります。ご興味をお持ちの方は、YouTubeジャニーズJr.チャンネルでまずは、パフォーマンス動画のlock lockをご確認下さいませ。

 

 

EXOがお好きなあなた

美 少年がおすすめ!

たくさんのイケメンを一度に摂取したい、そんな欲張りさんにオススメなのは、10代のキレイな顔の男の子を6人も揃えたグループ『美 少年』。最近背が伸びているメンバーも多く、さらにイケメン度上昇中。一度見ればビジュアル重視のあなたもきっと合格点を出すことでしょう。仲良しこよしでありながらも、お互いにちょっとライバル心を出しているのもオタク心をそそります。パフォーマンス力も最近めきめき伸びています。EXOが大人になり、ちょっと寂しくなっているあなたにオススメの将来性抜群若手キラキラグループです。こちらもYouTubeのジャニーズJr.チャンネルで動画を配信してます!直近の動画から見ていくのが成長を感じられてオススメ。

 

 

NCTdreamがお好きなあなた

HiHi Jetsがおすすめ!

ダンス、歌以外の武器をもっている個性的なグループがお好きなあなたにオススメなのが、HiHi Jetsです。残念ながらセグウェイに乗って歌うことはしませんが、光GENJI・キスマイに続くジャニーズ伝統のローラースケートグループで、なんとローラー履いてダンスやアクロバットもしちゃいます!若くてスキルあるアイドルに目がないあなた、ハマること間違いなし。HiHi Jetsの『HiHi Jets』という曲が、疾走感あってオススメ。こちらもYouTubeをクリック!

 

 

 

☆☆☆番外編☆☆☆

 

少女時代がお好きなあなた

なにわ男子がおすすめ

王道アイドルのきゅるるん感が大好きなあなた!女性アイドルにも負けないキュルキュルアイドルグループがジャニーズにいるんです。ちょっとあざとくて賢く可愛いセンターくん、クソ真面目な年少メンバー、いつでも笑顔で天真爛漫なスキルメン、ダンスもバラエティもできる子など、魅力的なキャラ多数。男性アイドル、ジャニーズアイドルに興味がなかったあなたも、彼らの可愛さにハマること間違いなし!オリジナル曲は王道アイドル、でもクールな曲はバリバリ踊ります。

気になった方は、まず現在発売中の日経エンタのインタビュー記事を読むべし。アイズワンが表紙です。

 

 

 

なんか楽しかったので、各グループにフォーカスして、この組み合わせでそれぞれ記事書きたいくらいでした。結成したばかりだったり、露出が少ないグループを取り上げるのは難しかったので、今後アイランドTVなどでもっとジャニーズを学んでいきたいです。

もし!!K-POPオタでこの記事を読んでジャニーズに興味が出た方がいらっしゃったら、嬉しいなぁと思います。それではまた!

元K-POPオタからみたなにわ男子メンバー その2

なにわ男子メンバーそれぞれの印象を書いていく後半です!完全なる茶の間ですので、実際違うところもたくさんあると思いますが、主観で書いていきます!

 

 

 

大西流星くん

 

私、最初この子のパフォーマンス中のぶりっ子があまり好きになれなかったです。ぶりっ子特有の動きっていうのが、結構頻繁に出てきてそれがすごく苦手でした。

でも、関西Jr.の映画で最後のパフォーマンスをみたときに、「あ、本当はダンス上手い子なんだ」っていうのが分かって、そこからぶりっ子している中に垣間見えるダンスの上手さを探すのが面白くなっていきました笑。

 

なにわ男子になってからは、年下メンバーも出来たことから私が苦手なぶりっ子の動きをすることはメディア上では減ってきており、素直にキラキラアイドル感を出してきてくれていて、見ていて爽快感を感じます。MUSIC FAIRの大西くんはとても可愛かったです。

密着映像のダンス練習などを見ても、どんなジャンルでもこなせそうな癖がない動き方をしていたので、今後かわいいだけでなくカッコイイ流星くんをもっと見せて欲しいです。もう少し身長伸びればよかったのかなぁとも思いますが、知念くんなど小柄なアイドルも活躍してるので需要はあるのかなって思ってます。

 

最近発売された日経エンタのインタビューは、かなりしっかりとした意思や彼自身の軸を感じることができ、好印象でした。ファンとの関係性はこの子が1番作れているのかなと思いますし、ファンを大事にしていることが伝わります。大西くんのファンは幸せだろうなぁと思います。ただ、彼のようなアイドルは、熱愛が出るとファン離れで一気に人気が急降下することも予想できます。アイドルという仕事を堅実にやっている大西くんなので、自分からやらかすことはあまり考えられませんが、どんなに気をつけていても撮られる時は撮られます。

そこを踏まえて、今後何が起きても芸能界で勝ち上がっていけるよう、アイドル性やファンを大事にすること以外で、彼の武器が何か欲しいなぁと思います。歌もダンスも演技もトークも全て、及第点はクリアしていて、何でもこなせる代わりに器用貧乏な感じが否めない大西くん。キャスターの仕事をしてみたいと何かのインタビューで見ましたし、今現在もオリンピック関連の番組に出ているということで、櫻井翔くんとまではいかなくても手越くんのサッカーワールドカップくらいのポジションにいって欲しいなぁと思います。でもそうなると、大学進学しておいた方が番組側も使いやすいかも。(手越くんは大学出てないですが、もともと偏差値高い学校にいたしね。)

 

大吾くんがグループの中で自分のことを『中間管理職』といっていましたが、私としてはそれは大西くんなんじゃないかなと思っています。色んなインタビューをみていると、兄組よりのバランサーが大橋くん、弟組よりのバランサーが大西くんなのかなと。客観視が出来るからこそ、他の子ほど自分の思い優先で動けずしんどい思いもしているかもしれません。グループが安定してきたら、もう少し大西くんものびのび出来るのかな。

 

 

 

高橋恭平くん

 

今から書くことは検討ハズレかもしれませんが、教育業界にいた経験から恭平くんという人物像をみていきたいと思います。

 

恭平くん、やる気がないとか色々叩かれてるのをよく見ますが、あのやる気がないようなスカした雰囲気は自分に諦めがある子特有のものな気がするんです。自分のことポジティブっていってますが、彼のポジティブは自分に全く期待してないから全部プラスに考えられるというある意味ネガティブな考え方なのではないかと思ってます。ナルシストキャラも、成長とともにイケメンに成長して自分の容姿には自信を持てるようになったから、スタートしただけなんじゃないかな。

「自分にも出来る!もっと上に行ける!上に行く!!」と信じて疑わないような子はもっと目がギラギラしてるしね。

 

ダンスについてよく叩かれているけれど単にやる気がないのではなく、自分がキレッキレに踊れるビジョンが持てないし、だったらスカして踊ればそれなりにそういうパフォーマンスのかたちになるしそれでいっか、的な考えにも見えます。

 

なぜ恭平くんに対してこう思うかというと、彼の家庭環境が気にかかったからです。彼はお世辞にも偏差値が高い子とは言えないですが(だって熱海とか台風読めないですもんね)、お姉さんが頭いいという話があります。どのくらい頭いいかは分からないですが、勉強やスポーツなどで上の子が出来すぎる場合、下の子は常に諦めモードになる傾向が強いんです。もちろん人それぞれではありますが、もし恭平くんがこのパターンだった場合は性格上、長尾くんみたいにぐんぐんスキルアップっていうのは難しいと思います。本人がいうようにコツコツと、周りの先輩に引っ張られていつの間にか出来るようになっている姿を期待する方がいいのかなと感じます。

 

レギュラーのラジオでもだいぶ喋れるようになってきていますし、このちょっとフワフワした感じが好きな女の子たくさんいると思うのでCDデビューしたら1番人気になりそうな気がします。ルックスもいいですし。

恭平くんがいつかキレッキレに踊る姿を見れますように。

 

 

道枝駿佑くん

 

顔が素晴らしいのは言うまでもないですが、なんか不器用な感じがおばちゃんの母性本能をくすぐってくる子です。性格は好き嫌い分かれるかもしれませんが、おばちゃん受けは絶対良いタイプです。だから、もっと地上波のドラマにガンガン出すべき。

プラスで、これだけのルックスなのであれば、同世代のファンからは憧れられるでしょうね。発言の仕方やファンのつき方としては羽生結弦選手に似ていると思います。(あの子も良い子なんだけど、誤解受ける発言多いタイプ。)肌がキレイで美形なので、中国人のファンもついているようです。前すぎてだいぶあやふやですが、母になるの動画をみていたときに中国人の書き込みが多くてビックリした記憶があります。中国人は美形大好きだからね。アジアで1位の市場がある中国のファンがいると、お金を落としてくれるという意味では相当強いです。

 

歌やダンスのスキル面は正直まだまだだと思います。同期の長尾くんがダンスがめきめき上手くなってるので、差が目立ってきている印象。私もそうだったんですが、急激に背が伸びるとダンスの動きが上手くいかなくなるんですよね。腕も脚も長くなるので、音通りに動いたつもりでもちょっと遅れちゃったり、伸ばしたつもりが全然伸びてなかったり。軸や重心の感覚も変わるので、道枝くんも大変だろうなと思います。私が自分の身長に合った体の動かし方がやっと分かってきたのは大人になってからでした。道枝くんは言っても芸能人だし、周りに助言してくれる人はたくさんいるはずなので、身長の伸びが緩やかになってからダンスがレベルアップするのを期待します。歌声は癖がない声をしているので、このままきちんとボイトレ通って場数もこなして欲しいです。大吾くん同様、ユニゾンの核になる声だと思うので、頑張って欲しいなぁと思います。

 

演技に関しては、すごく上手いわけではないですが年相応・経験値相応の演技は出来てると感じます。あの山﨑健人もしばらく棒だったけれども経験積んでかなり上手になってきてるので、演技に関しては素直な気持ちと場数が必要かと思います。道枝くんはアップに耐えれるお顔の持ち主ですし、身長もあるので、ドラマ映画などの映像のお仕事を極めるべきです。トークが多少下手でも、彼はそれでいいと思います。まぁ全部できるに越したことはないですが。。

 

関西っぽくないので、東京Jr.と合流したらどうかという意見もあるみたいですが、個人的にはこのまま関西からデビューして欲しいです。前も少しブログに書きましたが、道枝くんが東京Jr.に混ざって歌ったことがありましたよね。確かに道枝くん、すごくキラキラしてましたが、東京Jr.の子達のキラキラと種類が違うなと思ったんです。でも、東京の若い子達も洗練されてカッコよくなってすくすく身長が伸びてるみたいなので、また一緒に歌う機会が見れたら意見が変わるかもしれません。ただ、道枝くんの性格的には弟ポジションの方がいいと思うので、なにわ男子のままでデビューを勝ち取って欲しいです。

 

 

 

長尾謙杜くん

 

まず最初にごめんなさい。本音をぶっちゃけると、ファンの方にはほんっとーに申し訳ないのですが、私この手のお顔立ちハマらないみたいです。。多分彼は成長したらセクシー系の男前の顔になるんだろうなぁと思うんですけどね。。長尾くんはぜんっぜん悪くないんですが、完全なる好みの問題で公平な視点で彼のことが見れない現状です。

(独特な色気がある人気者が多分好みじゃないのかな。トラジャの松田元太くんもダンスも歌も好きなのに、あのセクシーなお顔のせいで男性アイドルとしては好きになりきれないです。。学生時代だとニノのかっこよさも分からず変わり者扱いされました。。あ、タレントとしてはニノ好きです。)

 

脱線しました。。

長尾くんはダンスがかなりレベルアップしていて、小さな体めいっぱい使うダンスは見ていて気持ちいいです。バラエティのセンスも良さそうですし、ひとりっ子特有の自由奔放具合がいい方向に出ているなぁと思っています。

 

長尾くんに関しては、チャラいという話がネット上に広がってたので、自分の好みじゃないという先入観もあってか否定的に見てましたが、先日の日経エンタの個人インタビューの記事を読んで、印象がかなり変わりました。

最後のあたりで、「前に立っているからには調子に乗ってる、努力してないと思われたくない、だからもっと頑張らないと」というようなことが書いてあったんですよね。これ、すごく真っ直ぐで年相応の言葉なんですが、「そうだね!頑張って!」とたくさんの人が思ってくれる言葉。前があれば後ろがあるわけであって、前にいる人が後ろにいる人を少しでも気遣ってくれるだけで、その後ろの人達も前にいる人達を応援しやすくなるはず。長尾くんは割とずっと前にいた方の人間だと思うんですが、そういう人がこの言葉を言うのは素晴らしいです。誰かから教えてもらったのかもしれませんが、そうだとしても弱冠16歳できちんと自分の中で消化してインタビューのときに自分の言葉として出せているのはすごいことです。

 

アイドルとしてのスキル面に関しては本当に成長していると思います。私は局動画などの映像でしか彼を見ていませんが、なにわ男子結成後の秋のコンサートの映像と新年のコンサートでは誰よりもスキルアップしているように感じました。

 

苦言を呈するならば、韓流好きアピールはほどほどにした方がよいかと。。元けーぽオタのおばちゃんに言われたくないかもしれませんが笑。でも、彼らが目指すのはジャニーズからCDデビュー、そして国民的アイドルじゃないですか。老若男女いろんな人から支持されるためにはアンチを呼びやすい言動はもうそろそろ控えるべきです。韓国嫌いな人多いですからね。ただ、バンタンに憧れをもっているのも、ダンスもぐんぐん上達している一因だと思うので、プライベートでは別に好きでいていいと思います。ブログで「マンネ」とかは卒業した方がいいかと。。日本人のけーぽオタは音楽と政治は関係ないと言いますし、私も今でも持論はそれですが、韓国側はエンタメ輸出も政策と言っていますし、韓国にいいイメージもってない日本人からすると、けーぽオタは国際情勢が分かってないバカか在日じゃないかと思われることもあるので、長尾くんにはそんな批判受けて欲しくないなと思ってます。

そんなわけで、けーぽオタ仲間としては彼をちょっとだけ心配してます。お仕事面では心配ないと思いますよー。

 

 

以上、なにわ男子の弟組4人について思ってることをつらつら書いてみました!長くなってしまい申し訳ない&ここまで読んでいただきありがとうございました!

なにわ男子みんな、人間的に面白い子ばかりで早く国民的アイドルになっていって欲しいです。このまま真っ直ぐ成長していけるといいなと思います。おばちゃんも応援してるよー!

元K-POPオタからみたなにわ男子メンバー その1

お久しぶりです!

 

ブログを書いてなかった期間、ジャニーズにいろんなことがありましたね。。いろいろ記事にしたい事件もありましたが、情報を得ること、他の方の意見感想をみることに集中してました。

 

なにわ男子結成から約5ヶ月ですかね?結成のタイミングから興味を持ちいろいろ調べていましたが、まんまと沼にハマって今現在抜け出せておりません。。うわべだけのキラキラしたアイドルってだけであれば、今までの経験上ここまでハマらないはずで、彼らの人間性と周囲も含めた人間関係が本当に豊かで興味深いなぁと日々感じております。

 

以前、キンプリやトラジャ、ラブでも1人ひとりのメンバーごとに思うことを書いた記事がありまして。なにわ男子でも書いてみようと思います。

※その1は20歳超えてるメンバー、その2は未成年メンバーにするつもりです。

 

それでは、早速語っていきまーす!!

 

 

 

藤原丈一郎くん

 

なにわ男子の最年長で芸歴もかなり長いと彼の紹介には付きもので、丈くんの色んなインタビューなどをみると、グループを引っ張ろうとする責任感もあるし仕事に対して前準備をしていたり、しっかりしているなぁと思います。でも、関ジャニ∞などの関西の先輩や同グループの大吾くん大橋くんに上手に頼るべきところは頼っているなぁと感心しております。

Ride On Timeで後輩を叱る場面もありました。賛否両論分かれてたみたいですが、アイドルの先輩の叱り方としては良かったんじゃないかと思います。誰かと比べて怒るやり方は教育業界ではもうあまり使われてませんが、水モノの世界である芸能の世界では誰かと比べることは当たり前で、それをしたことで相手に気持ちが伝わりやすい叱り方でした。

パフォーマンス面に関しては、ダンスはパワフルでかっこいいなと思います。歌声も素敵。ただ、ちょっと喉が弱いのかな?声量がつけばもっと活躍できそうですよね。声帯の筋肉はトレーニングすれば強くなるらしいので、お笑いに走りすぎず丈くんも今後もアイドル的なスキルの練習は継続していって欲しいと思います。

お顔はイケメンに見える瞬間とそうではない時の振り幅が大きすぎて、「えっ???」ってなるときが何度もあるので、パフォーマンス中はイケメン顔で常にいるようにコントロール出来たら、喋ってる時とのギャップでファンが増えそう。今も意識しているようには見えるんですが、70〜80%くらいの徹底率かなーと思うので。

バラエティ的なところに関しては努力しているのが分かります。ただ、フリートークはそんなに得意ではなく、用意された台本や設定を面白く料理するのに長けている人だなという印象を持ちます。自分たちの冠番組を持つようになったら、こういうメンバーがいることは強みになりますが、まだ番組にお呼ばれされる機会が多い今の時期だと丈くんのバラエティスキルを活かしきれないかもしれません。

この前、ガセなのか分かりませんが彼女ネタが投下されてましたね。ドキュメンタリーで本人も言っていた通り、大学卒業したら就職するつもりだったのであれば、グループ結成前はファンやその辺の女の子と遊んでいたりしていたのでしょう。今はどうかは分かりませんが。デビューを視野に入れたグループに入れたことによって、これからもこういう落とし込みは出てくると思いますし、本人もファンも耐えるしかないですね。こんなにメインに出るはずがないと思って(いたかどうかは分からないですがw)、若気の至りで以前は遊んでいた(のかも知らないですがww)丈くんも、これからCDデビューしトップアイドルを目指すのであれば、そういうところの管理をしっかりしていけたらいいですし。

しかし、いつ急に抜擢されるか分からない世界ならば、後列にいても推されなくてもプライベート管理はしっかりするに越したことはないですね。ネット社会って怖い。

ちなみに、アイドルに彼氏彼女がいることに怒るファンって昔に比べて減ったと思います。みなさん、どちらかというと相手のレベルや言動で怒っていますよね。自分が応援している人にはステキな人と付き合って欲しいんだと思いますし、うつつを抜かさずアイドルとしての仕事はちゃんとして欲しいんですよね。アイドル側にもその気持ちが伝わって欲しいなぁと強く思います。

丈くんは、芸能のセンスはそんなにないかもしれないけれど、努力できる才能を持っていると思います。バーチャルアイドルも見てますが、最初ぐだぐだだったのに3日くらいでどんどん修正かけて上手くなっていっているのは、さすがだと思います。最初から上手くできるのも凄いですが、すぐに改善できる対応力も才能ですし、常に向上心を持って取り組んでいる人なんだろうなあと分かりました。最年長がこういう人だと年下もついていきやすいですよね。大橋くんとセット扱いでグループに入った印象でしたが、丈くん個人で考えてもグループに必要な人間なんだろうなあと思います。

ちなみに、大橋くんの才能について素直にすごいと言えるところに個人的にグッときてます。

 

 

 

大橋和也くん

 

おばちゃんが息子にしたい子ランキングに入りそう。大橋くんのこと嫌いな人いないんじゃないかと思うくらい、素敵な子ですね。いつもニコニコー!いい意味で小学生がそのまま大人になったみたいです。

歌もダンスも努力しているのが分かります。ダンスはストリート出身ということで、キンプリの海人くんと似た感じのしなやか系。好みの問題ですが、体が柔らかいからか、止めるところでちょっと流れちゃうのがもったいないなと思ってます。(私は止めるところは分かりやすくビシッと止めて欲しい派)

筋肉あまりなさそうなので、それも原因かも。最近お太りになられているそうなので、そこはアイドルとして頑張って欲しいです。

歌は声帯がきちんと鍛えられていて、音程も安定して聴きやすいです。上手い!!まではいかず、歌える子だねっていうイメージ。本人もインタビューなどで、まだまだ満足してない発言をしていたので応援していきたいです。音程を大事にしていることは伝わるので、歌詞の意味や自分の気持ちを歌にもっと乗せることが出来たら、ジャニーズでもすばるくんや安田くんみたいになれるんじゃないなと思います。安田くんの歌に魂乗ってる!って言ってたの、ブログか何かで読んだので、その感動を活かして大橋くんもそうなってくれたらいいなぁと期待してます。

引っ張っていくタイプではないですが、みんなが話しやすいタイプではあるのでグループを円滑にしていく上では彼のリーダーは案外当たりなんじゃないかと思います。年齢差があるグループですし、丈くんや大吾くんがリーダーだと会社の上司部下みたいな堅い感じになりそう。大橋くんがリーダーなので、柔らかいまぁるい空気のグループになっています。

ただ、リーダーということでこれからも代表して発言する場面が多く出てくると思うのですが、そういう場面ではしっかりビシッとまとめられるようになるといいですね。

大橋くんはワンピースのルフィを具現化した人だなぁと勝手に思っていて、ルフィのように周りを笑顔にできる人をデビューさせないのは宝の持ち腐れだと本当に感じているので何がなんでも日本を代表するアイドルになって欲しいです。

 

 

 

西畑大吾くん

 

おばちゃんとしては、『ごちそうさん』効果もあり彼のことは好意的に見てるんですけど、あれですね、、かなり叩かれてるようで本当に気の毒になります。確かにすっごくイケメンなわけではないですが、かわいらしい顔してますし自分の魅せ方が上手ですよね。ビシッとしないといけないところでは締めてますし、きちんと仕事も一定レベルでこなしてくれる印象です。もし彼が部下にいたら非常に使いやすいだろうなぁと思います。業界の大人から好かれるんじゃないかと思いますね。

多分大吾くんが嫌いな方って、そういうビジネスっぽさがあざとく見えるところが気に入らないんじゃないでしょうか。努力ではなく天性の感性でアイドルをやってる子が好きな方だと、大吾くんみたいなタイプは苦手かもしれません。本来のセンタータイプって、努力型ではなく天才型がハマりやすいですしね。正直好みの問題だと思います。私は自分の魅せ方を努力して身につけている子のパフォーマンスは大好物なので、センターにいなくても大吾くんを目で追ってしまいます。彼がセンターにいることで賛否両論あるみたいですけど、TVなどをみたときに「あ!あの子知ってる!」って気づいてから検索してグループを好きになってもらえるケースってとても多いので、ドラマ映画露出の1番多い子を真ん中におくのは当たり前だと思います。

ただ歌に関しては、もっと頑張らないといけないと思います。声自体はそこまで癖がなくユニゾンの核になれる声色だと思いますし、演技経験が豊富なだけあって彼の歌からは気持ちが伝わりやすいです。(カウコンの時は緊張が歌に乗って画面の向こうから伝わってきちゃいましたが笑)音程が安定することと、もっと声が伸びるようになっていけば、グループ全体の歌も安定してくると思います。

演技仕事もJr.の中で大吾くんが多いことでも叩かれてますが、キラキライケメンすぎても脇で使いにくいし、ある程度普通っぽさを演出できることが求められるので、大吾くんにオファーは出しやすいんじゃないかと考えてます。演技も自然ですし。いつか菅田将暉くんと再共演して欲しいです。おばちゃん待ってる。。

なにわ男子としてはもちろんCDデビューしたいけれど、室くん向井くんの抜けた関西Jr.も引っ張っていかないとって気持ちが最近のブログから感じられて、でもそのせいで「なにわ男子としての目標をもっと言って欲しい」ってファンに言われてて、なんか本当にかわいそうです。まだ22歳なのに、重たいもの背負ってて。でも仕事に対して誠実な子なので、背負っちゃうんでしょうね。背負うタイプの子って、周りが何言っても背負っちゃうので、ファンは応援するしかないしいっぱい応援することが彼の1番の支えになると思います。アラサー仲間の関ジャニ大倉くんも言ってるじゃないですか、「応援してあげて」って。また、メンバーがいることで物理的な仕事の量は減らなくても気持ち的な面ではだいぶ楽になっているはずです。今は同じ方向を向けていると思うので。同じ方向をメンバーが向かなくなった瞬間、大吾くんは壊れそうで心配ですが、密着の時みたいに丈くんきっかけでまとまってくれれば大丈夫かなと思います。

大吾くんも大吾くんのファンの皆さんも、批判に負けず頑張って欲しいです。私は、菅田将暉くんと再共演楽しみにしてます(2回目)。

 

弟組4人、その2に続きます。

なにわ男子というか、関西Jr.ってまっすぐでスレてない子が多くて保護者目線で応援したくなります。大都市大阪と言えども、いい意味でやはり地方は地方なんだなぁと思います。でも時代もあるのかなー?横山くん達がJr.のときは年下ながらも「こいつら斜に構えてんなー」って思うことあったんだけどな(特に横山村上)笑笑

まぁ、いっか!

それではまたー!!

K-POPアイドルとジャニーズアイドルの歌声について

はい。

というわけで、色んな界隈から叩かれそうなネタで今回はスタートしていきたいと思います。個人的な好みの話になります。よろしくお願いします。

 

グループとしての歌声

私は元K-POPオタですけれども、学生時代はJ-POP大好きで毎週の音楽番組のチャートのトップ10に入る曲は全てカラオケで歌えるくらい色んな歌手、色んな曲を聴きまくっておりました。

でも、ソロの歌手でハマったといえるのは安室ちゃんくらいで、学生時代からCD買うほど聴きたくなるのはデュオやグループの歌でした。

今思うと、1人の圧倒的な力で歌い上げる曲よりも、1人ひとりの力はそこまでではなくても組み合わせた時に想像以上のパワーになる複数人の歌声に魅力を感じる性格だったんだなと思います。

 

5人時代の東方神起はまさにそれで。

甘く鋭いジェジュン、切なくてセクシーなユチョン、パワーって感じのジュンス、突き刺さるような高音のチャンミン、声が特徴的だけど優しいユノの5人の声はソロだとてんでバラバラなのに、合わさるとすごく綺麗なハーモニーで、いつもその不思議な魅力に引きこまれていました。

1人ひとりは癖がかなり強くて、それぞれのソロずっと聞いてると個性強すぎてすぐお腹いっぱいになっちゃうくらい。1番大好きなチャンミンの真っすぐこっちに槍が向かってくるような声も、ソロアルバムずっとは聞いていられないくらいです。

でも、5人のハーモニー、5人のユニゾンは本当に素晴らしい。2人と3人に分かれてしまい、それぞれのユニットの良さはもちろんあるんですが、5人だった時の重厚感のある音楽はもう出せないと思います。

 

※こんなことを書いていると、東方神起オタさんたちから「お花畑」「チャンミン好きを装った5人時代ファンだな」と誤解されそうなので言っておきますが、パフォーマンス全てで見たら今の2人東方神起大好きです。耳でしか感じられない音楽として客観的に音楽性を評価した場合、2人で表現するよりも5人で表現するものの方が厚みも多様性も出ます。CDとして聞くなら、ファン目線抜きにしたら、5人時代の方が正直レベルは高いと思っています。

 

ジャニーズでいうと、嵐やsmapのアルバムは何枚も持ってます。お茶の間オタだったのもありますが、CDアルバム1枚通して聴いている時の心地よさがこの2グループにはあるなと思っています。でもソロ曲はわりと飛ばしちゃってます。ソロ聞くならアイドルよりアーティストの方がいいし、彼らの魅力はユニゾンの爽やかさだと思っているので。

 

K-POPってみんな目立ちたがり屋というか歌声が強い子が多いので、ユニゾンになるとパワーはあるんですけど癒しはあまりない気がするんですね。強すぎる。だからか分からないですが、ジャニーズと比べるとかなりハモり部分は多いです。ハモりにしてもパワーがあるので、聞いている方は圧倒されます。聞いていて「すごーい!!」って思ってしまう。もちろん最初から歌唱力あるメンバーを入れているのもあるのですが。

 

個人の好みとしては、ユニゾンはジャニーズでハモりはK-POPアイドルの声が好きだなーと思うことが多いです。癒しとして聞くのはジャニーズのユニゾンの方がいいなと最近思っています。

 

ソロアイドルとしての歌声

アラサーにして自分の好みの子の声が分かってきました笑。そして、『上手い』と『好き』がイコールにならないということも。これに関しては気づくきっかけをくれたのはジャニーズです。K-POPは歌い上げてる子は基本歌うまメンなので。

今までも嵐の歌聞いて「大野くん上手いなー」と思ってもそこから彼にハマらなかったり、smapの6人時代の歌聞いても森くんやキムタクじゃなくて香取くんの声が好きになったり、振り返れば私の中では『歌うまメン=歌声が好きな人』にはならなかったなぁと思います。

 

今のジャニーズの若手で1番歌声が好きだなー聞いていて心地いいなーと思うのは、実はキンプリの永瀬廉くんです。多分私だけじゃなくて彼の声が好きな人って多いと多います。可愛いとカッコイイと切なさがいい塩梅で混ざっていらっしゃるステキなお声しています。

ただ、音楽番組見てる感じだと音程が安定しないので、癒しを求めてキンプリ観てるはずがすごくハラハラしてしまいます笑。廉くんの歌が安定してくれればいいなぁとすごく思います。ちなみに、同じキンプリでいうと紫耀くん岸くんは上手いしわりと安定してますが、私の好みの声ではないんだと思います。

 

そして、キンプリとYouTubeきっかけでジャニーズJr.のパフォーマンスをよくみるようになりまして。Jr.の中では、トラジャの松倉くんの歌が好きです。廉くんほど歌声どんぴしゃ好みではないんですけど、松倉くんは表現力があるので曲によって歌い方を使い分けようとしています。もしソロアルバムとかがあるなら、彼くらい歌い方分けてくれたほうが聴いている方は飽きずに1枚楽しめるんじゃないかなと思います。

松倉くんの声の次に好きなのは、なにわ男子の藤原丈一郎くんです。彼の歌声は甘い系なんですが、ものすごい甘いわけではなくて、爽やかな甘さなんですよね。癖がそこまでないからですかねー。だから今後ソロ曲まるまる1曲もらったとしても心地よく聞けるんじゃないかなーと思います。音程も安定してますし。

ただ欲を言うと、大橋くんと丈くんの声の相性がかなり良いのでそれぞれソロをやるより2人で何曲もやって欲しいなというのが本音です。(あ、あと関西Jr.では正門くんの声もステキだなと思います!)

 

ジャニーズ以外では、やっぱり東方神起チャンミンの声はずっと好きです。彼の特徴である高音出す時の直球で刺さる声よりも、チャンミンが切なそうに歌う時の声がいつもキュンとして、とても良いです。でも、そんなずっと好きだったチャンミンより廉くんの声の方がいいなと最近思うので、ジャニーズタレントの豊富さやそれぞれのポテンシャルってすごいなと思います。

 

というわけで、ジャニーズのユニゾンK-POPのハモりとキンプリの廉くんの声が好きだよっという話なだけの記事でした。思っていた以上に薄っぺらい内容でした。

ここまで読んでいただけて、ありがとうございましたー。